料金だけでなく特典にも目を向けて恩恵を受ける

曜日の傾向を踏まえて活用

広告

どの曜日を選べば効果的に訴求できるか

格安のチラシ印刷は新聞折込で頒布されるのが一般的ですが、ここで重要なのはタイミングです。どの曜日に格安のチラシ印刷を配布すれば、宣伝集客効果を見込めるかを想定することが、ポイントです。全体の傾向を見ると土曜日がトップで日曜日がこれにつづくので、週末が重要な起点ということが出来そうです。土曜日は休日で家族ですごす時間も多いので、買い物についての話し合いも活発に行えるタイミングです。日曜日も休みという点で共通しますが、求人チラシが多い傾向があります。翌日がウイークデイの初日、ということで職業に関する格安チラシ印刷のニーズが大きいそう。火曜日や水曜日は平日のまんなかで、主婦の購買層を狙ったスーパーの格安のチラシ印刷が多くなります。反対に月曜日や木曜日は、格安のチラシ印刷は少なめです。月曜日は仕事の始まりであることも多く、主な働き手の男性の集客を見込むことが難しいからです。木曜日も金曜日を控えた一週間の中間にあたるため、就業者も主婦も疲労がたまり行動のモチベーションも上がらないからです。ただ週末に説明会などを予定している住宅展示場などでは、自演予告を立てて来場の準備のために、木曜日を選んでチラシ印刷を織り込む場合もあるようです。金曜日は週末を控え、セールや各種イベント・展示会など、どの種類の催事にも格安のチラシ印刷が活躍する場面です。さらにお父さんをターゲットにしたゴルフや自動車関連のイベントでも効果的にアピールできるタイミングです。